防犯ブザーの話題

防犯ブザーの正しい使い方。投げるのが正解?鳴らすだけでは効果が低い

投稿日:

さて、防犯のグッズの定番、防犯ブザー。
とりあえずは子供に持たせておきたい防犯グッズのひとつです。

危険を知らせるものなのですが
小学生の下校時間、よく鳴ってますよね・・・

そう、子供達遊びでよく鳴らすんですよ。

そうなると緊急性に欠ける。
鳴った所であまり注目されないアイテムになりつつあります。

ならば本当に危険にさらされた時にはどうすればよいのか、

なった後、何かしらの行動が必要です。

まずブザーを鳴らすだけではなく
「キャー!」でも「助けて~!」でも声を発する!
これ徹底して子供に叩き込んでおきましょう。
さすがに近くの人が反応してくれます。

続いて
音が止まらないように継続的に鳴らす
いたずらで鳴らした場合はすぐ音が止まる事がほとんどです。
ずーーーっと鳴ってる場合はさすがにおかしいと周りが感じるはず。

実際、防犯ブザーの使用で効果的なのは、
音を出した後、遠くに投げるとなっています。

犯人が音を止めようとして、防犯ブザーを回収しに行った隙に逃げる!

という事なんですね。

ふむふむ確かに!
鞄やランドセルについたままだと
音を止めようと、犯人が子どもを捕まえに来ちゃいますもんね。
これは投げた方がいい!
ブザーを鳴らしたら遠くに投げるように教えておきましょう。

でもこれ、小さな子には難しいような・・・

ただでさえパニックになってる時に

鳴らす、はずす、投げる、逃げる

できる?いや無理でしょ。
とくに”はずす
単純なホックで取り付けてあっても、焦ってたらなかなかはずれない気が・・・
無理だろ。アタフタしてるうちに不審者がきちゃうって。

なので子供が小さいうちはこう教えとく事にしました↓

防犯ブザーを鳴らしたら、ランドセル(かばん)ごと置いて走って逃げろ!

これならできるかな。
そもそも変質者に捕まりそうになった時、ランドセルを捨てて逃げるのは正解みたいですよ。

セコム舟生岳夫さんの著書 【子どもの防犯マニュアル】 にも
重い物は捨てる!と書いてあります。

その他にも防犯ブザーは持たせるだけで安心するのではなく、
鳴らすタイミングや、その後の行動を子供と一緒にシュミレーションして練習する事が大事!とこの本で紹介されています。

持っていても鳴らせなかったというのが一番意味ないですから!
とりあえず鳴りさえすれば犯人は驚く&焦ります。
何も抵抗出来ない、周りに助けを求められないという状況だけは免れたいですね。

子どもの防犯マニュアル

新品価格
¥1,296から
(2018/7/14 05:04時点)

-防犯ブザーの話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おすすめの防犯ブザー・アラーム

別の記事で防犯ブザーの選び方をご紹介しましたが、 防犯ブザーの選び方【対象:小学生】 実際購入してみようと口コミを調べてみると、意外とランキング上位のものでも ・すぐ壊れた ・音が小さくなった ・ピン …

防犯ブザーの選び方【対象:小学生】

防犯ブザーは必ず一つは持たせておきたい防犯グッズですが、種類が多すぎて迷いますよね。 頻繁に使うものではないのですが、効果がなければ全く意味がありません。 ではどのようなポイント、基準で選べばよいので …